その1では、法人の名称を考えるにあたって
以下A~Dの観点で検討することがおおいのですが
今回は諸事情につき、Dの優先度を下げ、A~Cの3点で検討しました。

A 経営理念
B 商号
C 商標
D 商売の内容を示唆する名前

 

そして、A~Cを分解すると、

A1 経営理念に沿っているか
A2 お客様に理念が伝わるか
A3 社員に理念が伝わるか
A4 協力会社に理念が伝わるか

B1 名前を会社名として使用できるか(商号の問題)

C1 名前を商標として使用できるか(商標の問題)
C2 同じ商標を先行使用されている企業があるか?
ある場合は、そのイメージ(特に悪い方)を引きづらないか?

以上が、その1の内容です。

 

その2では、上記のB1とC1について、補足です。

つまり、商号と商標の問題。

あるある、かつ、複雑な問題です。

例を出すと・・・

「株式会社ABC」。これは商号です。

商号ですが、商標としても機能します(表示の仕方によっては・・・(※))。

一方、商標の世界では、

商標登録できる場合もあれば、商標登録できない場合もあります。(※)

(※)法律上、専門的な話で、厳密に書くと複雑になりがちで。
ブログでちょいちょいと書ける技術を持ち合わせておりませんので、割愛します。

一方の「ABC」。

こちらは、商号「株式会社ABC」の株式会社を省略した形。

こちらは商号ではなく、商号の略称。

表示の仕方によっては、商標として機能します・・・

 
で。

ご商売の目印(商標)として「株式会社ABC」と「ABC」のどちらがよいのか?

その正解はわかりません。

しかし、実際問題として、商号(株式会社ABC)ではなく、

商号の株式会社を省略した「ABC」を使う場合が多いのではないでしょうか?

(商標登録を受ける都合、4条1項8号を考慮して・・・かもしれません。ここに触れると専門的になってしまうのでココでは割愛します)

特に、店舗ビジネスにおける店舗名やネットショップにおけるサイト名は、ほとんどそうなのでは?と思います。

 

ここで、何が問題になるかといいますと。

例えば、レストラン業を営む以下の会社を設立しようとする場合

商号 株式会社ABC

看板やサイト名の表示(商標) ABC (商号の略称)

役務(サービス名) レストラン

他人が、役務レストランについて名称ABCの商標権を既に持っていると・・・

自社の名称ABCを使用したレストラン業の行為は商標権侵害となります。

結果、ご商売の目印としての表示(商標的な表示)ABCは、レストラン名として使用できなくなり、店舗名やサイト名の変更をしなければならない・・・

 

 
先日も、某経営者とお話ししていたのですが、

「商号登記していたから商標登録は不要なのでは?」とおっしゃっていたのですが、

どうやら、商号と商標とが入り混じっているようです・・・あるあるです。