某企業が、「そだねー」について商標登録出願をしたようです。

本件、知り合いの弁理士さんと意見交換したのですが、「商標を考える意味でもとても良い題材だなぁ」と思い・・・

「そだねー」の商標登録出願について、すこしまじめに書いてみます。

 

1 「そだねー」商標登録出願の行為が、盗みなのか否か? の前に考えてほしいこと。

 

 そもそも、商標登録(商標権)は、何を保護するためのもの?という点です。商標法第1条にかいてあるように、保護対象は、商標そのものではなく、商標に化体した(のりうつった)業務上の信用。本当は信用を直接保護したいのだけども、信用を直接保護できないので、しかたなく、商標を保護することで、間接的に信用を保護するというもの。つまり、商標は信用を貯めるための器に過ぎないのです。このため、商標の知識のある人であれば「商標、つまり器だけの議論をしてもあまり意味がないのでは?」と考えます。

 この辺、少しわかりにくいですが、受験生の時には、こんなイメージで理解しておりました。「俺の顔に泥を塗りやがって」というセリフ。顔が汚れたことが問題でなく。その人の信用(生き様だったりメンツだったり)に傷をつけたことが問題です。この例でいえば、「顔」が商標に相当するのですが、その人がご立腹なのは、顔が汚れたことではなく、信用が傷ついてしまったこと。こんな商標と信用の関係は、大体こんなイメージで把握してもらえればよいのでは、と思います。

 

2 「そだねー」の商標登録出願をした行為

 出願行為が、仮に、

  「そだねー」の信用を盗もうとしている

  「そだねー」の信用を薄めようとしている

  「そだねー」の信用を傷つけようとしている

 のいずれかであれば、いわゆる「信用の盗み」にも近しいものがあり。そうであれば、商標法上、登録を拒絶できるルールを用意しています(もちろん、現状の法律で全てが救えるか否かは、別の問題です)。

 つまり、今回の出願が盗みなのでは?と考えたいのであれば、「そだねーに”業務上の信用”は化体している(のりうつっている)のか?」を考えたいところですよね。

 なお、現時点において、「そだねー」は、一定の知名度はあるものの、一定のビジネスとして利用されていない(少なくとも私は知りません)ので、業務上の信用には至っていないのでは?とおもいます。このように考えると、商標法上、言い替えれば、「業務上の信用」という観点では”現時点でセーフ”になると思います(私見)。

 この手の出願の多くは、”業務上の信用”にあやかろうとするではなく・・・有名なキーワードの”人気”にあやかろうとしているのに近い、と思いますし、今回もそうなんだろうと思います。

 

3 商標法上、適法ならよいわけ?

「違法ではないが適切ではない」というセリフもあるように、「適法にしても、それはアンマリじゃないの?」という気持ちは想像できるし、理解もできます。倫理というか、道徳というか・・・モヤモヤしたところから湧いてくる感情なのかもしれません。もちろん、企業側としては、こういった副作用の有無について検討すべきでしょうし、こういったリスクに対して当然手を打っておきたいところです。

 さて、今回のケースにおいても例外なく、カーリング関係者、カーリングのファンの人から見て、「当該企業の行為って、どうなの??」「当該企業って何なの??」といった疑問・疑惑・不信のようなものが沸いてきても不思議ではないですよね。