商標の相談の際、

費用の説明、特に「どのくらいの費用が、いつ発生するか」といったスケジュールを説明します。

その説明の中でお客様に驚かれること。

それは・・・

1.お客様に驚かれること

「出願から、商標登録までの期間」です。

お客様にとっては、意外と時間がかかるようです。

※特許のほうがもっと時間がかかりますが、

意外と長いですね!と驚かれるのは商標のほうが多いです(当所比)

 

 

2.出願から権利発生までのイベント

さて、商標の場合、出願~権利発生まで、どんなイベントがあるか見ていきましょう。

1 出願     :特許庁に願書を提出

2 審査結果通知 :特許庁からの最初の審査結果が届く

3 権利発生   :特許庁に登録料を納付

この3ステップが最低限必要になります。

 

 

3.商標登録までの期間までの長さって?

1 出願       ~ 2 審査結果通知まで :約6か月。

2 審査結果通知 ~ 3 権利発生まで     :約1~2か月。

ということで、審査がスムーズにいった場合でも、出願から登録までは7~8か月(も)かかります。

審査にて、審査官から指摘を受けた場合には、さらに、+1~2か月余分、つまり8~9か月(も)かかります。

 

 

4.この期間を実際のビジネスで考えてみると

新しい商品やサービスを始めようとするとき、商品等の企画を行います。

この企画段階において、商標(商品名、サービス名や店舗名)の決定は、後回しにされがちです。

実際に問題になるのは、

  •  チラシを作るとき
  •  HPをつくるとき
  •  看板を作るとき

となることが多いようです。

 

 

5.ビジネスの中でいつ商標を考えればよい?

 

商標登録が必要か否かについては、過去の記事(商標登録が不要な場合とは?)をご参考ください。

以下、商標登録が必要な方の場合について述べます。

 

 

理想としては、

商標権取得後にサービス開始(看板などを発注)

になります。

このためには、

登録査定がもらえるまで、すなわち、名称決定の6~7か月前には出願を済ましておく

となりますが、現実的に難しい部分も多いようです。

 

 

その代案としては、

商標調査を通して、商標権取得が見込めそうな名前を絞る

出願後に、サービス開始(看板等を発注)

となります。

この場合には、

名称決定のプロセスに商標調査が含まれているため、決定した名称について商標権取得の目途が立っているといえます。

この場合には、

名称決定の1か月前には商標調査を済ます

名称決定の直前で商標登録出願を済ます

こちらであれば、前者に比べ、実際のビジネスにおいてより現実的かなぁと思います。

 

 

6.まとめ

  1. 商標権取得までの期間:出願から最低7~8か月。長い場合は、10か月
  2. 自社の名称使用の権利を確保するために、名称決定のプロセスに「商標調査」を入れておく。
  3. 商標調査を済ます時期:は名称決定(看板発注など)の1か月前に済ましておく

 

関連記事:商標登録が不要な場合とは?

img_0246a

かめやま特許商標事務所

弁理士 亀山 夏樹