少し前に特許出願を出したお客様(その1の記事とは別のお客様)。

初めての面談は、特許相談・・・

そこでは、発明の概要を伺うのですが、弊所では、それ以外も把握します。

特許のコストパフォーマンスを向上させるために・・・

面談では、発明に至った背景はもちろんのこと、

これまでのマーケティング活動についてもヒアリングします。

 

 

 

そのお客様は、マーケティング活動に理解のある方。

お話を聞いているかぎり、脈がありそう。

そのお客様の規模からすると、大化けする可能性もあり、

お客様曰く、「だから、特許で防衛したいのです!」

 

 

 

がってん承知の助!ということで、思考が動き始める。

Ω\ζ°)チーン!

考えられるビジネスモデル案を2~3提案し・・・

モデルの肝となる要素は、AかBかC。

特許権でも意匠権でもよいですが、ここらを抑えたほうが良いですね~

とコメントしました。

 

 

 

コチラの提案内容について、お客様は当初驚かれていたようです。

が、後日、パートナー企業の方も私と同じようなことを言われたようで・・・

そこは納得されたようです(安心)。

その後、A~Cについての出願を無事すましました。

 

 

 

その後。

そのお客様とのつながり、無事に商談が前に進むこととなりました。

この際、お客様の手には、複数のビジネスモデルとその根幹となる要素A~Cについては、特許出願済み。

商談の相手は、お客様よりも大きな規模の企業。

ですが、特許の交渉力により、お客様の立場を維持したまま商談に臨めそうです。

 

 

 

まとめ

特許出願の後にすべきこと その2

 

1 特許権や商標権で抑えたいところはどこ?

特許権や商標権で抑えたいところの1つは、ビジネスモデルの収益源。

 

2 収益源はどこ?

収益源が何になるかはビジネスモデルによっても変わる。

市場浸透の速度もビジネスモデルによっても変わる。

 

3 自社にとって実現可能なモデルは?

営業活動を通して、どのビジネスモデルが自社にとって望ましいかを検討する。

 

4 当初の目論見は外れた場合の準備をする

営業活動を通して、出願前の目論見が外れる場合もある。

このため、弁理士と適宜情報交換が必要。

 

5 必要に応じて次の手を打つ。

当てが外れれば、補強のための追加出願をすることも・・・

そうでなくとも、次の一手(アライアンスなど)のための契約やその交渉準備・・・

場合によっては、こちらの交渉力を上げるために別の出願を行うことも。

 

 

何かの参考になれば幸いです。

 

img_0246a