千葉県鎌ケ谷市の弁理士 かめやまです。

 

商標調査って ネットでちょちょいと調べられるんでしょ?

時々、知り合いの経営者からこんなことを聞かれます。

結論から言うと・・・「いいえ」です

その理由は次の通りです。

 

1. 商標調査の目的

商標調査の目的は大きく2つ。

A.その商標の使用可能性
B.その商標の登録可能性

調査の観点はいろいろありますが、上記2つに共通するものとして、

先行登録商標(商標権が発生している商標)の有無

があります。

こちらは、J-Platpatで調査可能です。

 

 

2.  先行登録商標の有無

以下のようにして行います。

1)お客様の希望する商標権の範囲の特定

2)お客様が希望する商標を使用した場合に、それは、「ウチの商標権侵害じゃない?」と文句をいわれそうな商標権を抽出する

3)抽出した商標の権利範囲を特定

4)商標権侵害の成立の判断

 1)と3)の両者がオーバラップしているか否かを判断

  オーバラップしている ⇒ 侵害成立 ⇒ 使えない

  オーバラップしていない ⇒ 侵害非成立 ⇒ 使える

をします。

 

ここで、慎重にジャッジしたいのは1)~3)。

つまりは、権利範囲に絡む部分です。

そもそも、商標権の侵害は、

商標と商標・役務(サービス)のいずれかが非類似であれば、不成立となります。

縦軸に商標、横軸に商品・役務(サービス)をとって表に表すと、

こんな感じになります。

役務
同一 類似 非類似
商標 同一 侵害 侵害 非侵害
類似 侵害 侵害 非侵害
非類似 非侵害 非侵害 非侵害

侵害成立するか否かについては、

侵害成立の境界線、つまり、

商標が類似か非類似か?

商品・役務が類似か、非類似か?

がポイントになることがわかります。

しかも、類似・非類似の判断には、過去の判例の解釈が入るところなので、気を使います

とてもとても、ちょちょい とはいきません。

よって、商標の類否が難しいことがわかると思います。

しかし、難しいのは商標の類否だけではなく・・・