繰り返しになりますが、

事業における特許(知的財産でもOK)活用のためには

1 ビジネスモデル

2 技術 

3 法律 

の検討が必要です。

こういったプロセスを経て、

ROI(投資利益率)の最大化につながなれば

弁理士と中小企業(含 個人)との双方にとって、ハッピーな結果になるんじゃないかと。

 

 

 

グーまとめグー

特許出願の際に考えたい3つのこと ~差別化戦略の実行のために~

1 技術面 ⇒  技術における本質的な理解 

2 法律面 ⇒  技術の本質の保護

3 ビジネスモデル ⇒  事業における価値の検討

 

 

何かのご参考になれば幸いです。

img_0246a

かめやま特許商標事務所

弁理士 亀山 夏樹