令和2年度発明研究奨励金

この奨励金は、特許や実用新案を出願または権利保有をしている企業に対し、
出願内容の開発、改良資金を交付しようとするものです。
既に特許出願を済ませた企業様や、特許権を取得している企業向けの奨励金です。
交付申請期間 令和2年5月1日〜7月31日

奨励金の交付対象
発明考案の試験研究であって、次の事項に該当し、その発明考案の実施化もしくは
展開に必要と認められるもの。

(1)特許権又は実用新案権として登録済みのもの。
(2)特許又は実用新案を出願し、既に公開され、かつ審査請求済みのもの。
但し、係争中のものは除く。
(3)実用新案は、実用新案技術評価書入手済みのもの。

申請者の資格 奨励金の申請の出来る者は、次の要件を備えていることが必要です。
(1) 中小企業又は個人。
(2)個人の共同発明の場合は、その代表者。
(3) 企業内発明の場合は、企業代表者の承認を得たもの。但し、成年被後見人及び被保佐人を除く。

対象となる経費
奨励金の対象となる経費は原則として、発明考案を実施化するための試作、試験もしくは発明考案を更に展開するための調査研究に要する直接経費で、例えば次のものです。
(1)原材料・副資材
(2)試作用型
(3)注試験費・加工費
(4)調査研究に要する外注費(人件費、事務費等の間接経費は除く)

交付金額 原則として1件あたり100万円を限度とします。

その他詳細は、コチラをご覧ください。

何かの参考になれば幸いです。

img_0246a